2017-05-22

皮膚科満員

















土曜日の振替休日で次女の小学校はお休みだ。なので簡単な昼食を用意し、残りの準備は自分でやるように伝え家を出た。次女はもう10歳だが、家で1人っきりになることがほとんどなく常に妻か長女がいたので、少しだが不安げな表情をしていた。まあ、何かあったら携帯に連絡するよう言っておいたし、今日は長女も16時前帰りなので問題はないだろう。
ところでひと月ほど前から次女と三女の口の周りが荒れ始め、抗生物質を塗ってもなかなか完治しない状況だ。妻によればアメリカ到着後三女の口の周りがさらに悪化したので、仕方なしに病院へ行き薬をもらったそうだ。アメリカでは無保険なのでどえらい高かったらしい。一方の次女もあまり良い状態ではないので皮膚科にかかるべく、仕事を早めに切り上げ病院へ。
ところが何年振りかの皮膚科は予約制に変わっており、飛び込みの待ち時間を聞くと2時間以上という。そんな時間は自分にはないので『今日はやめます』と即断し帰ってきた。
多分次女が朝晩忘れずに薬を塗れば改善するだろうが、ちょっと塗って良くなって薬をやめ、ひどくなってまた塗ってという負のサイクルは耐性菌を生む可能性もあり断ち切らねばならない。
僕も忘れないよう心掛けるが、次女にも自覚を持つよう促していきたい。

2017-05-21

やたら暑いです

















朝からよく晴れて暑い。
今日もほぼ終日外にいて先週末に刈り払った草を片付けたり、三尺ササゲやキュウリを這わせるネットを設置したり、オクラの苗を植えたり、トマトに支柱を立てたりとひとつ一つ仕事を片付けてゆく。
昼過ぎには気温が33℃に迫りかなりの暑さだ。幸い空気が乾燥しているので日陰に入れば涼しく感じる。一番暑い時間帯はこうやって木陰に入って育苗ポットにタネを蒔いたり、カメの水槽を洗ったりしながら直射日光を避けて作業し、まだ暑さに慣れていない身体への熱中症対策とした。
気温が30を超えるようになったのでヤブ蚊に刺されたり、今まで比較的被害が少なかったウリハムシによる食害も急に増すようになった。
いよいよ夏の到来だな。

2017-05-20

学校日和

















今日は小学校の授業参観に林間学校の説明会、加えてPTA総会と午後からは緊急時受け渡し訓練で2度も自転車で往復したよ。
この時期自転車ならもう少し心地良いかと思っていたけど、30℃を超える暑さの中では学校に着くと汗だくで、念のためにと持って行った扇子が大活躍だった。
授業参観は日頃娘が語る先生や学校の様子を実際に見ることができる貴重なチャンスで、担任の男性教諭については自分が想像していたよりももっと男っぽい感じの授業をする先生という印象かな。
こういった学校行事の良い点の一つは普段あまり顔を合わせない者同士が会える点で、今日もほんと久しぶりに何人かのお父さん方やお母さん方と会っていろいろ話し、貴重な情報をもらうことができた。ただ、みんなどっからそういう情報を仕入れるのかね。すごい情報網だ。

役割分担

















妻と三女が渡米してから2週間が過ぎたが、すべて順調に推移している。
日々の様々な仕事は長女・次女と3人で分担し片付けている。
基本的に食事の準備は僕が行い、米を研いで炊飯器にセットすることとJackieの散歩は、一番早く帰宅する次女に任せている。部活がある時は19時近くに帰宅する長女には洗濯物を畳むことと干すことをお願いしている。
『それぞれができる時にできることをする』
そういった考え方でやってきているが、長女・次女ともに大変よく手伝ってくれるので、自分の仕事量がぐっと減り助かっている。
さて、妻と一緒にいる三女の様子はどうだろう。送られてくる写真などは見ているがそれなりに楽しんでいるみたい。
帰宅まであと1週間。皆で乗りきっていこうと思う。

2017-05-18

旅したい

















今は朝5時に起きて畑仕事をしている。
そりゃ、ゆっくり寝ていたいのは山々だが、時間があるといえば週末だけで、その週末も学校行事とかがあると飛んでしまう。おまけに堤防の草が容赦なく伸びているので、毎週末の様にどこかしらの草刈りはせねばならないときたら、時間を作るために早起きするほかはない。
ただね、早起きすると気持ちがいいよ。早朝の空気は澄んでいるし、朝日を浴びると自然と力が湧いてくる感じがする。空を見上げればこの季節らしい雲が流れ、なんか心に引っ掛かっていたことが実につまらないことに思えてくる。
ほんと自然とは不思議なものだ。
こう書いていたら急にどこかの島に行きたくなった。南の方がいいな。
思えばずいぶん長いこと旅をしていないな・・

2017-05-17

上空寒気あり

















日中暑かったと思いきや、突然冷やりとした風が吹き感覚を鈍らせる。
予報では上空に寒気が流入して天気が不安定になると言っていたので、ちょうど頭の上で寒暖のせめぎ合いが行われているのだろう。
最近はすっきりと晴れた青空が続くことが少なく、どちらかというと薄曇りの天気が多い。なんとなく梅雨が近づいていることを匂わせる空模様だ。
しかし、今頃の天候はいいね。
日中は暑いくらいだが、夜になると気温が下がってきて毛布を掛けて寝るとちょうどいいくらい。空気が乾燥しているので布団の肌触りもサラサラとして気持ちよく、朝までぐっすりと眠ることができる。
やがてむしむしべとべととした梅雨が到来し、この快適さが吹き飛んでしまう。
いよいよ修行の季節の始まりだ。

2017-05-16

もう聞き飽きた

















北朝鮮のミサイル発射に対する各国政府の反応は毎回同じで新鮮味がなく、つまらないを通り越して腹立たしいほどだ。
『強く非難する』や『断固反対する』といった言葉なぞ何も言っていないと同じこと。
北朝鮮にしてみれば実力行使される前になんとか核技術を確立させておきたいという思惑から、非難されようが経済制裁されようがなりふり構わずミサイル発射を繰り返しているというのが実情だろう。今まで北朝鮮がとって来た道からすれば当然の成り行きと見える。
それに対しての日本及び各国、さらに国連の反応ときたら何度も書く様だが『ヘボい』の一言に尽きる。結局のところ『打つ手無し』で、そこを北朝鮮に見透かされているからやりたい放題されているのさ。
しかし、ほんとこのままいったらどうなるんやろ?
まず間違いなく北朝鮮は核技術を確立させ、今以上に厄介な国になることは間違いない。はやいとこあの刈り上げ坊やをとるに限るな。それしかないやろに。

2017-05-15

娘はいいな

















普段週末の朝食は妻がパンケーキやワッフルなどを作ってくれるが、いまはシアトルにいるので自分達で何かを作ることを相談した。すると長女が『ビスケット作ってあげようか?』という。ここでいうビスケットとはお菓子の様に甘いものではなく、朝食として立派に食べられるほどボリュームのあるものだ。
自分がJackieの散歩に出ている間、長女がちゃちゃっと支度して上手にビスケットを焼いてくれた。こんな時は『娘たちで良かったな〜』と、つくづく思う。
毎日洗濯物をたたんでくれるし、頼み事もよく聞いて手伝ってくれる。
妻不在の中、ほんと日々助けられてます。

2017-05-14

ビデオ通話でHappy Birthday

















三女が6歳になった。
今は妻とシアトルにいるためビデオ通話を通してのHappy Birthday。あちらでもらったプレゼントを長女や次女に見てもらいたくて、自分でスマホを持ってこれはあーだのあれはこーだのと嬉しそうに説明していたよ。 やはりお姉さんたちとワイワイやるのがいちばん楽しいらしい。表情を見るとまだ少し寂しそうだが1週間が経って少しは慣れた様だ。

午後からは娘たちを連れて大垣祭りへ。
世界遺産に登録されたこともあって例年より客が多い感じ。そんな大勢の人でごった返す屋台通りで男の子が泣きながらうろついているじゃないか。これは・・と思い聞いて見ると案の定迷子だった。泣きじゃくる男の子の手を引きながら名前などを聞くとはっきり答えてくれる。どうやらお母さんとお兄ちゃんと来たがはぐれてしまった様だ。
泣き続ける子を励ましながら近くの臨時警察出張所へ行き、事情を話し後を託して来た。間も無く祭り会場に大音量で男の子の名と年齢を告げる放送が流れ、その放送もすぐに終わったことから母親と兄はすぐに飛んで来たのでなかろうかと。

今日もいろいろあったけど、総じて楽しい週末だった。

2017-05-13

草刈り初め

















雨は午前中いっぱい降り続き、結構な雨量だった。
案の定、畑はベタベタで入れず、雨上がり後しばらくは家の中の掃除をしたり、冬服と夏服と入れ替えたりと内業に専念し、16時頃になってようやく草の露が落ちた頃に草刈り機を取り出して、今シーズン初の草刈り作業を1時間半ほど行った。
いつもJackieの散歩の時に通る堤防上の道は草がひざ上まで伸びて、雨が降ると草についた露のために足元がびしょびしょに濡れてしまうため、まずはここから草刈り作業を始める。
今回は堤防上を50mほど綺麗に薙ぎ払ったが、久しぶりの草刈りなので腰に疲労が来る。次に堤防斜面部へと移りある程度薙ぎ払ったところでガス欠に。ちょうど良い区切りだったので今日はここまでとして作業終了だ。
今日の作業は終了したが、まだ刈らねばならぬ面積は相当残っている。明日も時間があればやらねばならんが他にも仕事があるしな・・ああ忙しい。

2017-05-12

雨迫る

















大きな大きな雨の塊が迫ってきている。
予報では夜半には雨が降り出し、相当量の大雨となるという。
雨はありがたいなと思う一方で、これでまた草が伸びるな・・との思いもある。
表の堤防の草もじゃんじゃん伸びており、ご近所さんはGW中に草刈りをされたので我が家の前だけ伸び放題といった感じ。この週末に草刈りをせねばと思っていたが、明日午前中まで雨というから明日の草刈りは無理かもしれない。予報通りの大雨ならば畑もぐずぐずなので土も触れないしね。ほんと週末の雨は困るな。
ま、それでも午前中雨ならば恒例の買い物に長女・次女を連れて出かけ、午後の天気回復の様子を見て外作業するなり、家の中のことをするなりしていこうと思う。
やることだけは常に山ほどあるのでヒマはしないね。

2017-05-11

ホームシック?

















朝、妻とLine電話で話したが、三女の体調はどうも優れない様だ。そして朝起きると『マミー、日本にはいつ帰るの?』と聞くそうだ。母親と一緒にいるのにホームシックにかかった様な感じだという。確かに日中は祖母の抗がん剤治療のために母親と一緒に病院通いが続き、同じ年頃の従姉妹たちは学校があるので遊ぶ機会も少なくつまらない思いをしているはずだ。本人もなぜ自分だけがアメリカに来なければならなかったのか?と疑問に思っているだろう。
一応予定では3週間ほどの滞在を考えていて、3週間なんてすぐじゃん、と大人は思うものの子供にとってはずいぶん長い時間に感じるのだろう。
なんとか最後まで頑張ってくれるといいんだけど、大丈夫かな・・

2017-05-10

慈雨

















大気中に舞った大量の黄砂を洗い流してくれるいい雨となった。
これがしょぼしょぼとした雨だと車がとんでもなく汚れて困ってしまうが、さすがにこれくらい降れば大丈夫だろう。

このところずっと雨が降らなかったので畑の土は白く乾燥しカチカチだ。
昨日今日の雨が植えたばかりの苗に浸透し大きく生長してくれることを期待しよう。

2017-05-09

大統領選

















韓国の大統領選報道など、どうでもいい。
どのみち誰になったところで反日であることに変わりはなく、何でもかんでもいちゃもんをつけてくるのは目に見えているからだ。それにひきかえフランスの大統領選は注目していた。マカロンだかマクロンだか知らんが30代の大統領とは若いよね。まあ対抗馬のルペンも最悪なので有権者にとってはある意味辛い選挙だったに違いない。それを反映するかの様に今回は無効票がずいぶん多かったというから、それだけこの選挙自体に抗議する人も相当数いるということだ。
しかしルペンが当選していたらヨーロッパ各国の右派勢力が台頭し、連鎖反応式に自国第一主義が蔓延して大混乱になっただろうね。ただ、ルペンが破れたからといって安穏としてはいられない。なぜなら今回彼女は今までで一番の得票数を記録したからだ。
若輩者のマクロンが政策を失敗すればその反感から今度こそルペンが勝つだろう。
始まってしまった負の連鎖はもう止められないのかもしれない。

2017-05-08

初日

















長女・次女との父子生活初日。
朝は5時半に起きてニワトリの世話をし、Jackieの散歩に出る。
散歩から帰ってくる頃には長女と次女が起きてくるので朝食の用意だ。用意と言ってもパンを焼き、自家製のヨーグルトにフルーツを出す程度なので特別なことは何もしない。
7時前には長女を見送り、次女は7時15分くらいに『行ってらっしゃい』をする。
それから皿を洗ったり、ゴミを出したり、洗濯したりと忙しい。あっという間に家を出る時間となり会社へと向かう。
帰りは少し早めに会社を出て、注文していた長女の夏スカートを受け取りに行く。それから夕食の支度にかかるが、やはりどうしても食事の開始が19時を過ぎてしまう。ある程度ペースをつかんできたらもう少し早くできる様になると思うので、まずは慣れることだな。
初日としては上々の出来だったと自賛させてもらおう。

2017-05-07

妻、三女離日

















妻と三女が離日した。
おとといあたりから三女の様子が変で、どうもアメリカに行きたくない様なのだ。いつも一緒にいる姉2人と別れることが三女を不安にしているらしく、いつもあっけらかんとして元気一杯の三女の表情が冴えない。昨夜も何度かうなされていたくらい精神的な負担となっている。
当初は妻が一緒なので『ママを独り占めできる』といった具合に喜ぶと思っていたが、姉2人と別れることがそこまで不安を煽るとはね。これは意外だった。
駅で妻と三女を見送る時、三女は姉達と抱き合って泣いてしまった。スーツケースを引く背中に手を振り、長女・次女と車に戻ると、今度は2人が泣き出してしまった。別れを悲しむ三女がかわいそうだと言って姉達が泣いているのだ。
この時ほど三人娘の絆の強さを思い知らされたことはない。3人のお互いを思いやる心にこちらまでぐっときてしまったよ・・

2017-05-06

別れ

















朝6時過ぎ、三女がドタドタと騒がしく階段を下りる音で目が覚めた。
やがて離れから弟家族が出て来て、今から出ると言う。
長女や次女も起きて来たので改めて皆で『また来てね』と、お別れを言った。
三女も昨夜の様に泣くことはなかったが、やはり悲しそうだ。
車が見えなくなるまで一生懸命手を振り別れを惜しんだよ。
昼過ぎ、弟から連絡があり渋滞につかまることなくスムーズに帰り着いたということだ。
行きは10時間かかったのに帰りは6時間ちょっとなんてずいぶん差があるものだ。やはり早朝に出たのが良かった様だね。夜のニュースでは神奈川県内で上り線が大渋滞と言っていたので難を逃れたわけだ。

弟家族が出た後、妻は明日渡米する準備のためパッキングを開始。
今回は自分と三女だけという、いつもと違った組み合わせのため余計ややこしいと言っていた。そして当初アメリカ行きに積極的だった三女がここに来て行きたくない様なことを言い出したのが心配だ。やはり常に2人の姉と一緒に行動しているので、ひとりぼっちになるのが不安らしい。それに今日仲の良いいとこと別れたばかりなので余計センシティブになっているのだろう。表情もどことなく冴えず、食欲も落ちているのが気がかりだ。
それが単なる風邪の症状だったとしても、抗ガン剤治療中で身体の弱っている義母に移れば大変なことになるので、警戒は怠れない。
明日10時には家を出て駅まで送り、午後2時過ぎのフライトで成田経由しシアトルへと向かう。
妻と三女がシアトル滞在中は父子家庭となるので3人協力して頑張っていくさね。
頼りになる長女・次女だしね。

2017-05-05

たっぷりの1日

















今朝も6時過ぎには起きてバーベキューの用意をしたりと朝から忙しい。
10時過ぎには皆が集まり我が家族総勢16名での大バーベキュー大会の始まりだ。
この春から大阪で一人暮らしを始めた姪っ子も帰って来て実に賑やかだ。だんだん皆で顔を合わす機会が減って来ているので、こうやって集まって近況などいろいろ話をする貴重な時間と言える。
次から次へと焼き上がる肉を頬張りながら語り合うのも実に楽しいものだ。思ったよりも気温が上昇しギラギラと照りつける中での焼き当番は厳しいものだったが、皆が喜んでくれるならそれが一番だ。
バーベキューで腹一杯になった後はちょっと腹休みを挟んでデザートの時間。
ここでめいめいが買って来たデザートを出し合い、もう何も入らんくらいに満腹だ。
昼に食べ過ぎたので夜はごく軽く食事をして、明朝早く出立する弟家族にとりあえずの別れを言う。すると三女がバイバイしたくないと泣き出し、それから寝付くまで暫くの間しくしくと悲しんでいた。それは姪っ子も同じだろう。年に2回会えるか会えないかで気も良く合うため別れが辛いのはよく分かる。今回は3日滞在したがそれ以上となると休みの関係上やはり難しいだろう。
またお盆に来てくれることを願って見送るしかない。
楽しい時間は過ぎるのが早いものだね。

2017-05-04

陶器祭り

















例年5月3日の初日に行っていた土岐の陶器祭りだが、今年は諸事情あって初日は見送ることにし、今日行って来た。さすがに2日目とあって人出は初日ほどではなく、駐車場にすんなり車を止めることもできた。ただ人は少なめと言ってもかなりの人出に違いはない。
今回は必ず買わねばならぬものが無く、ほんと行き当たりばったりで決めた様なものだ。
結局購入したものは全部で20点ほど。そのほとんどが娘たちの茶碗の予備などで自分のものは一切買わなかった。
相変わらず個人陶芸家のブースには素晴らしいものが置いてあるが、やはり値段も高めなので手が出ない。それでも次女がどうしても欲しいという2千円の茶碗があったので、半額ずつ出し合うという約束で購入した。茶碗などは毎日使うものだからそれを持つことによって幸せな気分になれるなら、2千円なんて安いものだと思う。ただ自分がお金を出して買ったものだという認識があれば、さらに愛着も増し大切にすることだろう。なので娘達には毎日使う茶碗やカップ、自分専用の取り皿などは2千円を限度に好きなものを買って良いということにしている。ただし基本は折半だけどね。

2017-05-03

弟家族来訪

















千葉から弟家族がやって来た。今日から3日間ウチに滞在する予定だ。
道中の混み様を聞いてみると海老名サービスエリアを先頭に45kmの渋滞に捕まったそうで、この時は行くのを止めようかと考えたそうだ。結局10時間かかっての到着。ほんとお疲れ様でした。
これだけ頑張って遠路やってくるのも子供達のため。年に2度ほどしか会う機会がないので一緒に遊ぶ日を心待ちにしているからね。ウチに到着すると長旅の疲れもなんのそのさっそく庭に出て駆け回ったり砂場で遊んだりと大忙し。いや〜子供って元気なものだ。
姪っ子や甥っ子は環境もガラリと変わったので興奮気味でなかなか寝付けない様子だった。
明日は皆で恒例の陶器祭りに繰り出す予定。
少し早めに出るのでさっさと寝て休んでおかねばな。
そうそう、今朝は買い出しのためコストコに突入したが開店時間の10時あたりになるととんでもない混み様だった。自分は9時半に行ってすでに店は開いていたが、あとでスタフに聞いたところ8時45分に開店したそうな。その辺のフレキシブルさはさすがメリケン企業だと思ったね。

2017-05-02

税金対策

















昨年暮れに購入した隣の土地の固定資産税が高いということは知っていたが、実際に振込用紙が来ると結構な衝撃だ。
そこで市役所の固定資産税課を訪れ、家の立っている土地と隣の土地を合筆するなどの節税案を聞いたところ、若い担当者は実に親切に対応してくれて、現状の土地利用の仕方なら合筆しなくとも隣の土地との境にあるフェンスを一部開口し、ふたつの土地間を公道に出ずに行き来できる様にすれば土地の一体利用と見做すことができるので、結果的に税額が下がるとのアドバイスをもらうことができた。
そこでそれを実行すべく朝から作業開始。
まずはフェンスを外す作業に取り掛かるが、スナックエンドウなどが絡みついていてなかなかの難作業。フェンスを開口してもそこに身の丈の山茶花があり、それを根ごと掘り返して移植。その後ブロックを置くなどして通路らしく整えて作業完了だ。
いざフェンスを開口すると庭から畑に直接入れる様になりかなり便利になった。
これであとは固定資産税課の担当者に連絡入れて現地確認してもらうだけだ。
もし確認してダメなら、さらにアドバイスをくれるということなので結果待ちだな。


2017-05-01

天気急変

















先日に引き続き今日も朝から冷やりとした風が吹き、見上げる北の空はどことなく薄暗い。
連休に入り若干交通量の減ったいつもの道を一路会社へと向かう。そのまま会社の車に乗り換えて名古屋高速を南下し打ち合わせに。
ちょうどその頃空が曇りだし、大粒の雨が降り出した。予報で天気の急変を注意していたが前回に引き続き驚くほどの変わり様だ。幸い雷は鳴らず、雨も比較的短時間で止んでくれたので、なんとか予定していた現地での打ち合わせを終えることができた。
暖かくなったとはいえまだまだこんな天候が続くことだろう。油断は禁物だな。

2017-04-30

くたくた

















連休が始まっても自分の生活リズムは変わらない。
ゆっくり寝ていたいところだが6時半には起きて畑仕事に精を出す。
8時ごろに起きてきた妻や娘たちと一緒に朝食を摂り、再び畑へ。
昼前には皆で近くの河川敷公園に出かけ、三女の自転車の練習を行う。一度乗れるようになるとちょっと間が空いても大丈夫だね。もう一人で問題なく乗れるようになってぐんぐん走ってゆく。僕や長女・次女はその横をキックボードなどで並走したが、これが結構な距離を走ったので疲れました。
ひとしきり公園で遊んだ後は三たび畑へ。夏野菜苗の植え付けが迫ってきているのでまだ耕していない畝に鍬をガツガツと打ち込み土をほぐしてゆく。
ここのところ身体が鈍っていたのでさすがに腰が痛くなった。
今日は気温が25度を超えたこともあって大汗をかきながらの作業。まだ身体が慣れていないため長時間直射日光の下にいるとかなりキツイ。
でもこうやって汗をかきながら何かをするのは気分爽快だ。トレーニングにもなるしね。
まだまだやることはいっぱいあるぞ。

2017-04-29

天気大荒れ

















午後、それまで差していた日が急に陰り、冷やっとした風が吹き始めた。
西の空を見上げるとドス黒い雲で空は覆われ、雷鳴も聞こえる。
『これは近いな・・』
急いで洗濯物を片付け、横なぐりの雨にも備えるため庇の下の履き物も全て玄関に移動し、今度は石灰を持って畑へと向かう。大雨の前に石灰を撒いておけば土壌の中和がよりしやすいからだ。たっぷり石灰を撒いた頃にポツリポツリと大粒の雨が落ち始めた。
間も無く突風を伴って土砂降りになり、雷もバリバリドシャンと容赦ない暴れ様だ。
どうだろう、こんな状況が1時間くらい続いたろうか。黒雲が雷鳴とともに南東の空に去ってゆくと、やがて雲間から日が差してきた。
夕方までにはすっかり青空を取り戻し、ついさっきの嵐が嘘のようだ。
これからは徐々にこういった雷雨の回数が増えてゆくだろう。
それにしても天気の激変ぶりに驚かされた一日だった。

2017-04-28

いよいよ連休

















仕事帰り、いつものようにコストコのガソリンスタンドに寄り給油する。連休前なのでさぞかし混んでいるだろうと思っていたが、いつもと変わらぬ様子だった。その一方で店舗の駐車場はいつもより明らかに混んでいて、店の中に入ると親子連れの姿がよく目立つ。
おそらく学校を終えこれからどこかへ向かう家族や、大きなピザやファミリー寿司セットを買って家族揃っての夕食を楽しもうという人など、様々な人間模様が展開され活気に満ちていた。自分はこの混雑を避けるため必要最低限のものだけを確保し、入店から10分ほどで脱出してきたよ。この調子なら連休中は凄まじい混雑となるだろね。しばらくは近寄れんね。

2017-04-27

毎朝のこと

















まだまだ吹く風は肌寒く、初夏の陽気には程遠い。
しかし今が一番過ごし良い季節なのかもしれない。
ぐっすりと眠り、外が白み始めた5時過ぎに目を覚ます。
そのまま布団の中でうだうだして5時半に起床。
ちゃちゃっと着替えてしっぽを振りながら待っているJackieをひとなでし堤防へ駆け上がる。タンポポの花はまだ開いていないが、草むらがざわめく気配を全身で感じる。
こんな朝は大好きだ。
散歩の途中、毎朝顔を合わすご近所さんと軽く挨拶し今日一日が始まる。
朝食を摂り、驚くほど重いバックパックを背負った長女を見送ると続いて次女に『行ってらっしゃい』
仕事に出るまでの約30分は草むしりの時間。わずか30分でも結構むしれるもんですよ。この日々の30分の積み重ねが大きいんです。
そのむしった草をニワトリに与えて朝のお仕事が終了する。
めんどくさいなんて思ったことはない。好きだからやっている。
これが朝の日課です。

2017-04-26

チキンレース

















今に始まった事ではないが北朝鮮の行いは常軌を逸している。
あんだけミサイルバンバン打ち上げたり、昨日のような盛大な射撃訓練をする余裕があれば、飢えた国民をいくぶんか慰めることもできるだろうに、ほんと独裁者とは愚かなものだ。
いい加減ここいらで正恩坊やを叩いておかないと世界が迷惑を被ることになるだろう。彼らはどのみち近い将来ICBMを保有するようになり、その核をネタに他国を威嚇して来るはずだ。
例えばアメリカのシールズなどが暗躍して正恩坊やを排除してくれれば他国が被害を被らずに済みそうだが、そう簡単ではないだろうね。
北朝鮮問題が厄介なのは、時が経つのと同様に核開発が進んでいる点だ。彼らが核を放棄する気は無くあくまでも開発を継続するというのであれば、ほかっておいても結局彼らは当初の目的を達成するわけで、逆に世界が追い込まれることになる。それを見越しての北朝鮮の態度はほんと忌々しいものがある。
北朝鮮国民が正恩坊やから一刻も早く解放され、腹一杯飯が食える日が来ることを願わずにはいられない。

2017-04-25

そんな日もあるさ














会社の車で移動中、前に割り込んで来たダンプからの跳ね石でフロントガラスに2cmほどのヒビが入った。この大きさのヒビだとリペアだけでは車検は通らないだろう。おそらくフロントガラス交換しか手はないと思う。
ガラスに当たった石は3cmほどもある小礫で、ダンプの荷台から降って来たのは間違いない。そこでダンプのナンバーの写真を撮り、あとでダンプに書かれていた所属会社に電話すると、向こうも事実関係を確認し確かにその時間帯にダンプが走行していたことを認めたが、フロントガラスにヒビを入れた石が間違いなくダンプから落ちたとの証拠がない限り対応は難しいとの答えだ。それは確かにそうだろう、自分が逆の立場だったら同じように答えると思う。先方もこちらの事情をふまえ申し訳なさそうだが、もし保険で処理するとしてもやはり過失の確証はいるわけで、そこが跳ね石や落石による被害の立証の難しいところだ。
会社の車にはドライブレコーダーが付いていなかったのでどうにもならなかったが、もしドライブレコーダーを装備していて飛んで来た石まで写っていたら、事の次第を立証できたと思う。
今日はドライブレコーダーの有用性を見せつけられた日だったな。

2017-04-24

妻に続き次女まで!

















昨日妻が体調不良と書いた矢先のことだけど、今朝は起きて来た次女に元気が無く、食も進まない様子。念のため熱を計ってみたが無いもののやはりぐったりしているので今日は学校を休ませることにした。
この症状の現れ方は妻と酷似しているので同じウィルスか何かが原因だろう。
一方の妻はだいぶ体調も回復して普通に食事も摂れるようになったが、どことなく違和感が残っているそうだ。
夕方帰宅して次女に体調を聞くと、身体が火照った感じはするが熱は無いという。食欲が少し戻ったので晩御飯を少し食べることができたのは良かった。もう一晩ゆっくり寝れば明日は学校に行けるんじゃないかと思う。
ただ、いったい何が原因なんだろう?おそらく風邪のウィルスの仕業だろうが、そうなると長女や三女、それに僕も十分感染の可能性があるな・・

2017-04-23

妻体調不良

















昨夜から妻が体調を崩している。
原因はよく分からないが急に吐き気をお催し、そして吐いてしまった。熱は無く、食欲もあるのに気持ちが悪いそうだ。昨夜はそのまま寝込み、今日はずっと一室に籠って養生していた。寝っぱなしだったわけではなく、原因がよく分からないので子供達に移ることを恐れての措置だ。午後になって階下へ少しだけ下りて来たときは顔色も良くなり、ヨーグルトを食べることができたそうだ。夕食は少量のご飯と、昨夜さばいた魚のアラであら汁を作っておいたのでそれを少し飲んだようだ。
今我が家で明らかに風邪をひいている者は居ないが、ひょっとしたら風が原因かもしれないし、疲れが引き起こしたことかもしれない。
おそらく今日一晩ゆっくり寝れば回復に向かうんじゃないかな。
やはり季節の変わり目はいろいろなことが起こるね。

2017-04-22

魚ぎょうさん頂いた

















夕方、福井県沖に釣りに出ていた同僚から『今から魚持ってくけん、よろしく』との連絡あって待っていると、『お待たせ〜』と大きなクーラーボックスと共に彼がやって来て、
60cm級のハマチ2本と40cm級のタイ1本、おまけに30cm級のカサゴ1本をおすそ分けしてくれた。量が量だけにそんなにもらえないと固辞したものの、いいから食べてくれとのことで、遠慮なく頂くこととした。
外はもう暗いので台所の流しにスペース確保してさっそく魚を捌きにかかる。さすがに大物が多いのですべて捌いて後片付けなどしていたら2時間近くもかかってしまった。
ハマチは1本を刺身用の切り身にしてもう1本は煮付けもしくは塩焼き用の切り身にし、タイは刺身用の切り身にして昆布締めをしておいた。カサゴは先週刺身にしたので今回は煮付けにしようと思う。
これだけ魚があると幸せな気分になるね。ほんとありがたい。
明日は親父殿が来ると言っていたから、さばいた魚をあげようと思う。ハマチ好きだしね。
刺身楽しみだな〜

2017-04-21

椎茸収穫

















気温が徐々に上がってきて雨も結構降ったことから、原木の椎茸もいくつかが萌芽し始め手のひらサイズの巨大なものへと成長した。ただ、大きいのはいいがかなり雨量があった後なので椎茸の傘がぶよぶよしており、このままだとすぐに腐ってしまいそうだった。そこで余分な水気を飛ばすべく日陰に干すこと二日間、あまりにも天気が良すぎて若干乾かしすぎたが、かえって椎茸の旨味が増してうまそうだ。
椎茸を収穫してすぐその日に食べなかったのは宿泊研修に参加している長女が大の椎茸ステーキ好きなので帰宅まで待ってあげたわけ。
そして長女の帰宅を受けて料理開始。やっぱ原木椎茸は最高だわ。味が全然違う。家で採れたものは肉厚だし最高に美味かった。
年々原木の数が減っているので来年あたりは自分で植えた河川敷の木を切って原木を作る予定だ。