2017-09-22

狂気のチキンレース

















げに恐ろしきはトランプにせよ金正恩にせよ、あんな馬鹿者どもが核のスイッチを持ち、軍隊を動かせることだ。現状お互いに罵り合うようなガキの喧嘩を展開しているが、どちらか一方が一線を超えたなら歯止めの効かぬことになるのは間違い無いだろう。
トランプの『北朝鮮を破壊する』という演説に案の定激しく反発した金正恩は、毎度のことながらの大仰な物言いで再度アメリカを威嚇し、太平洋上で水爆実験を行うことまで示唆して見せた。しかし、やればやられるの繰り返しで北朝鮮がアメリカに勝つことなんてできるはずもなく、状況は狂気のチキンレースになりつつある。
万が一北朝鮮とアメリカが一戦交えるような展開になれば、すかさず中国が北朝鮮に侵攻し統治することになるのではないかと考えている。それもまた一つの手だけどね。

2017-09-21

不可解

















北朝鮮と同じく不可解なのが同じ朝鮮民族の韓国だ。
核実験に日本越えの弾道ミサイル発射など、やりたい放題の北朝鮮に対し各国が協力して圧力を加えようと話している矢先に、韓国は北朝鮮に9億円もの人道支援援助を行うとの発表をした。なるほど人道支援は必要なことだろう。韓国政府によると国連の機関を通して支援を行うそうだが、なぜこのタイミングで人道支援の発表を行ったのか。
その不可解な行動は日米韓の連携にほころびを生じさせ、北朝鮮に付け入るスキを与えてしまう。いやその発表自体が北朝鮮寄りとも言われる文政権にすでに北朝鮮の影響が現れている証拠かも知れない。
まあ理由はなんでもいいけど、やはり朝鮮半島は中国に統治してもらうのが良いのではないか?と思うのは僕だけだろうか・・

2017-09-20

メキシコ大震

















そんなことってあるのだろうか・・と思わずにいられないが、実際に起きたことだからそれがまた信じがたい。
1985年の9月19日に起きた大地震による犠牲者を追悼する行事が行われたわずか数時間後に大地震に襲われるなんて・・
ニュースでビルの倒壊シーンなどもやっていたが、 この地震でも犠牲者は相当数に上るのではないだろうか。
やはり地震は恐ろしい・・まるで人間の憶いなどを嘲笑うかのような今回の地震。
バリ島でも火山性微動が頻発し、アグン山が50年ぶりに噴火する可能性が出てきたりと、やはり地球規模で地殻変動が活発になっているようだ。
いよいよ日本も危ないかもしれないぞ。

2017-09-19

疲労蓄積

















連日の激しい掘削作業で右手が炎症を起こしているようだ。腱鞘炎とまではいかないが明らかに疲労が溜まっているのが分かる。それもそのはず現場仕事で酷使しているだけでなく、週末も畑仕事でほぼ同様のことをしているので全く手を休める暇がない。それでは疲労が溜まるのも無理のない話だ。だからと言って手を休めることなんざ出来っこないのでどうするか?ということ。対策としてまずは夜間だけ湿布を貼ることにした。湿布をしても翌日酷使すれば何の意味も無いかもしれないが、そのうち身体が慣れてより頑強な手が生まれるかもしれない、もしくは使えなくなるかのどちらかだろう。
まだまだ現場は先が長いので、腰なんかも要注意だな。

2017-09-18

台風後

















この辺りに限って言えば台風18号は『風』台風だった。
庭に設置しておいた雨量測定用のバケツには2cm程度しか雨水が溜まっておらず、雨戸を叩く雨の音も大したことはなかった。その反面風はすごかったね。どうだろう2時間くらいの間はゴーゴー、ヒューヒューという風切り音が絶えず鳴り響き、娘たちは『怖くて寝れない』と言っていたほどだ。特に突風が突き抜ける時はドーン!と家を揺らすので、瓦が飛ばないか心配したよ。
夜が明けて家の周りを見回るといくつかのものが飛ばされていたが、幸いにも大きな被害はなかった。ただ、畑の作物はやはり強風に叩かれてあるものは枝が折れ、あるものは根元からなぎ倒されているような状況だ。まあ、これらは想定内のことなので致し方ないが、元々生長が良くなかったトウモロコシは完全に倒れてしまったので、もう諦めようと思う。あとのものはしばらくすればまた蘇ってくれるだろう。
まだまだ台風シーズンが続くので油断はならないな・・

2017-09-17

台風最接近中

















この辺りも台風18号の暴風圏に入り、ゴーッという風切り音というより唸り音が続いている。時折ドーン!というものすごい風圧に襲われるが、何事もなく台風が通過してくれるのを祈るのみだ。
一時は直撃するかと心配していた台風も、進路を若干北寄りに振っているので少しは風が弱まるかもしれない。まあ大型台風で暴風圏も広いため気休め程度だけどね。
とにかくさっさと行っておくれ。

2017-09-16

なかなか来ないね

















台風18号の足は遅く、いまだ東シナ海をうろついている。
明朝には鹿児島・熊本辺りに上陸し、その後偏西風に乗って一気に北東に進む予報となっているが、この辺りも進路次第では直撃の可能性もある。
今日は仕事だったので自宅周りの台風養生は最低限しかしていないが、あらかた飛ぶものは片付けたので大丈夫だろう。ただ畑の作物は心配だ。もうすぐ枝豆として収穫可能な黒豆も風の強さによっては薙ぎ倒されてしまうかもしれない。その点サツマイモなんて全然心配要らずだから楽ちんなもんだ。
明日はまず雨量だな。相当降る予報だが、表の川が氾濫するようなことがないよう祈りたい。

2017-09-15

他の思惑

















朝、家を出た直後にJアラートが出て、北朝鮮の中距離弾道弾の発射を知った。
狂気じみた北朝鮮の行動とそれに対する日本政府はじめ他国の反応はいつもと同じなので特段コメントすることは無いが、気になるのがJアラート発令の範囲の広さとその報道の過熱ぶりだ。過敏すぎるその反応を見ていると国民の安全が第一というより、度重なるJアラートの発令で国民の不安感を煽り、それに追従する無能な報道を利用して日本全国にその不安感を拡大浸透させてゆくという政府のシナリオが見え隠れする。
北朝鮮のミサイル発射は現安倍政権にとっては千載一遇のチャンスだろう。それまで完全に平和ボケしていた国民がミサイル発射によって国防に目覚め、抑止力を求めようとする。そこで切るのが憲法9条改正のカードのはずで、現政権は国民の支持を受けて憲法改正を実現させようとしているのでは?と勘ぐるのは考えすぎだろうか・・

2017-09-14

全力疾走

















10月上旬にある市民運動会に向けて、遅ればせながら走り込みを始めた。
市民運動会といっても町内対抗リレーなどに出るわけではないが、ある程度走る競技に出場予定なので、そこで足を絡ませて転倒なんていうみっともないことを避けるための練習なのだ。
走り込みは約50mを全力疾走で4本走るのだが、これがかなり厳しい。そりゃまる一日外作業をしてからの全力疾走なので疲れた身体にはこたえるが、普段使っていない筋肉を爆発的に動かすことはある意味爽快感もある。しかし年々意識と身体能力の差が開きつつあるのを感ぜずにはいられないね。頭では『もっといける、もっといける』と思いつつも足はドタドタとして加速しないし、まずもってスタミナが無い。その差を今後の1ヶ月間の練習で少しでも縮めるのが目的だ。
でもいきなり明日は筋肉痛がひどくて走れないかもね。

2017-09-13

曼珠沙華の頃














曼珠沙華(彼岸花)がそろそろ咲き始めた。
堤防の草刈りを待っていたかのようにグッと伸び始め、朱色の華をぱっと咲かせている。
これから色を失い始める風景の中で何かを主張するように咲く曼珠沙華もいいもんだ。
どこか妖しい雰囲気を持つ曼珠沙華に魅了される人も多いだろう。堤防などに群生し、一気に咲く様は美しいことこの上ない。
その曼珠沙華が色を失い枯れ始めると、いよいよ秋も深まってゆく。

2017-09-12

秋の夕暮れ

















まだ残暑厳しく初秋の面影は朝夕だけだが、空の様子は確実に秋めいている。
大雨をもたらした前線通過後は空気も爽やかさを取り戻し、空がぐっと高くなった感じがする。これから冬にかけての夕暮れ時は、晴れてさえいればダイナミックな空が展開し目を楽しませてくれる。時々息をのむほどに美しい夕焼け空が現れることもあり、そんな空を見るとおかしな話だが『これだけで十分だ・・』という感慨に浸ったりもする。
時に自然は情け容赦なく厳しい面を見せるが、それ自体本当に美しいものだと心から思う。

2017-09-11

オーブンレンジ急遽購入

















最近シャープ製オーブンレンジの調子が悪い。
レンジ機能は問題ないものの、オーブンとして使用すると焼きムラができるようになった。当初は温度設定のミスかも?と思っていたが、今まで問題なかったのに明らかな焼きムラが目立つようになったのでオーブン機能の方に何らかの問題があるのだろう。念のため保証書を見てみると、購入店の3年の保証はついているがすでに4年経っており保証は効かないし、我が家はオーブンを頻繁に使うので同型の後継機を買うことにしのだ。
ネットで購入してもよかったけど他にも買いたいものがあったので久しぶりにK'sに行ってみた。目当てのものはネット価格より割高だったが『同等金額にしてくれたら買うよ』と言うと、すんなり下がったので購入することにした。ただ4年前に買った時は同等の機能で2万5千円だったのが今回は1万円高かったな。いろいろと物価が上がっているせいもあるけど単なる購入のタイミングの問題なのかもしれない。いずれにせよ我が家には必要なものなので買うだけのことだ。
今度のものはもう少し長く使えるといいな。

2017-09-10

何年振りかのスミチオン

















何の幼虫なのか分からないが、この夏は毛虫の被害が凄まじい。
バラ科の桜やサクランボのみならず、ナンジャモンジャやアキニレ、柿、桑、クルミといった様々な樹木が軒並み被害を受けて葉を食い尽くされ、丸坊主になってしまった。これが盆前くらいの出来事だ。その時は毛虫の被害が著しい枝を剪定してなるべく殺虫剤を使わないよう済ませたが、一度葉を食い尽くされ再び芽吹いて来た頃にまたもや毛虫が大発生し始めたのだ。ただでさえ盛んに光合成をして栄養を蓄えるべき夏場に葉を食い尽くされ痛手を受けているのに、何とか頑張ってもう一度芽吹かせた葉まで食い尽くされては樹々もさすがに弱ってしまう。そこで致し方なしにスミチオンを使うことにした。
前回使ったのは何年前だったか忘れたが、同じように毛虫が大発生してどうしようもない時だったのは確かだ。
1000倍に希釈して展着剤を混ぜ、毛虫がついている樹々に噴霧してゆく。即効性はないもののそのうち効いてくるはずだ。一度の噴霧で済めば良いが明後日は雨の予報なので流れてしまうかもしれない。必要ならもう一度やるしかないな。
ほんと今年は虫の被害が多くて困りものだよ。

2017-09-09

やっぱ現場だろ

















ようやく1週間が終わった。
今の現場は日・月曜休みなので火曜から土曜までの仕事だ。天候は秋めいて来たとはいえまだまだ日中は30℃を越え、汗だくになる日々が続く。すでに2ヶ月間くる日もくる日もひたすら土を掘る作業の繰り返し。暑さの盛りは乗り切ったものの潜在的な疲れが取れず疲労感が常にある。これが夏の疲れだろう。
自分が疲労を抱える状態だったら、一緒に働く高齢の作業員さんたちの蓄積疲労は相当なものだろう。だが皆文句も言わずひたすら掘ってくれている。全く頭が下がる思いだ。
現場の醍醐味は何と言ってもこういった作業員さんたちと一緒に働くことだろう。
朝の挨拶から始まり、たまには冗談も言って大笑いしながらひたすら掘るという日が続いているが、この現場の雰囲気は大好きだな。

2017-09-08

視点

















メキシコで巨大地震か・・太陽フレアもそうだけど、自然と言うより惑星や恒星規模で生み出されるエネルギーの巨大さに我々人間はただただ恐れ慄きひれ伏すしかない。
その視点から見れば水爆だのICBMだのと騒いどること自体、滑稽で愚かな事だ。
明日9日の建国記念日にはさらなる挑発行動をするのでは?と各国が警戒をしているが、そんなもんほかっておけばいい。もし調子に乗って何かやらかしたら、中朝国境に架かる橋を破壊し、高麗航空の飛行を禁止し、出入港する船舶を全て拿捕するといった行動を取った上で無視すればいい。なまじ相手をするからつけあがる。世界中のメディアからこの国の存在を消すくらいにシカトしてやれば、ちょっとは考えるかもね。期待しないけど。

2017-09-07

湿度高し

















気温は30℃を越えなかったものの、秋雨前線に向かい流れ込んで来た暖かく湿った空気の影響で現場はとんでもない蒸し暑さとなった。
朝から空気はピタリと止まった状態で全く風が無く、息苦しいほどの湿気だ。そのうちに日も差して来て気温は急上昇。そんな中での作業だからあっという間に全身汗でずぶ濡れとなり、ポタポタと汗が滴り落ちる。
昼過ぎに一時ザッと雨に降られたが、1時間ほど待機してから再び作業を開始。通り雨後は更に湿度上昇し不快極まりない。こんな状況だから大汗をかき、みるみる体力を消耗してゆく。
明日は晴れの予報。予想気温は32℃だが、空気はカラリと乾いて気持ちの良い一日となるらしい。とにかくこのとんでもない湿気が無くなればいいんだがね。

2017-09-06

雨模様

















例年より降水量の多い夏ではあったが、気候が秋めいて来るとともに積乱雲の出現も無くなり、毎日のように通り過ぎていった雷雨もしばらく来なくなっていた。そろそろ雨が欲しいと思っていた頃合いで秋雨前線の到来となり、涼やかな風とともにシトシトと降ったり止んだりの雨模様。夏野菜の生長に欠かせない梅雨と同様、冬野菜の生長にはこの秋雨前線が欠かせないのだ。
いや〜しかし急に涼しくなって来たね。もう扇風機もいらないくらい。周りではこの気温の急激な変化で風邪を引いている人もかなり出て来た。 ちょうど夏の疲れも出てくることだし体力を落とさぬよう用心して残暑を乗り切っていこう。

2017-09-05

テスト勉強

















いま長女がすぐそこの机に座って日本史の教科書をめくりながらうんうん唸っている。
明後日の期末テストに向けたテスト勉強だが、なかなか日本史が頭に入らなくて苦戦しているようだ。特に古墳時代から平安時代にかけては人名、寺院名その他もろもろに使われている漢字が難しく、特殊な読み方をするものも多いのでなかなか頭に入らないようだ。
自分は歴史が大得意でもあったので難しく思ったことはないが、歴史自体にあまり興味がないとやっぱ頭に入りにくいものなんだな・・と今さらながらに思う。

2017-09-04

ランドセル購入

















おととい、『健康診断について』というハガキが役所から送られて来た。『はて、何だろ?』と自分宛に来たそのハガキを不気味に思いながら目隠しシールを剥がすと、なんだ三女の小学校入学前健診の案内だった。まだまだと思っていたが、小学校入学まであと半年になった。そうなってくると用意しなければいけないのがランドセルと勉強机だ。ランドセルについては長女・次女ともコクヨ・あんふぁんシリーズで、これが使い勝手良く6年間使っても全く問題なしの丈夫さということもあって、三女もこのシリーズから選ぶことにした。すでに売り切れが出ているものもあるのでデザインが決まったら速攻で買うこととし、三女に選んでもらう。昨今は色の選択肢も増えキラキラしたものも多くなったが、長女曰く『勉強しに学校へ行くのに、そんなキラキラしたもん必要ない。それにそんなランドセル買ったら高学年になったとき男子に馬鹿にされて恥ずかしいて』との強力なひと言で、シンプルだけど可愛らしい感じのものを見つけ注文した。11月以降の発送という。
これでランドセルは片付いた。残るは勉強机だな、

2017-09-03

水爆実験

















とうとうやりよった。
水爆実験完全成功と高らかに誇っているが、狂気の沙汰のなにものでもない。
その核実験に対する政府の反応も毎度のことで『厳重に抗議し、最も強い言葉で断固として非難する』と、何の新鮮味も無い。
北朝鮮にとってみればICBM実験はすでに成功し、今度はそれに搭載する水爆実験も成功した。『オレらやる気になったらやれるんだぜ』と言うところを見せといて、アメリカとの交渉に入るつもりらしい。その危険極まりない火遊びがどこまでトランプ政権に通用するのかは、アメリカ政府の公式発表およびトランプ得意のツイートが無いので未知数だ。
だがね、アメリカがそう易々と交渉に応じるとは思えないね。アメリカの世論も自分たちが何のいわれもなく核攻撃される可能性が高まっていると知るや『トマホークの雨をピョンヤンに降らせろ 』なんて強硬論も出始めている。
この落とし所の見えないチキンレースを北朝鮮はいつまで続けるつもりなのか。
やはりメンツを潰された中国が北朝鮮に大挙侵攻して朝鮮自治区とすることが、もっとも人的被害が少なく治りがいいのでは?と思うのは自分だけだろうか・・

2017-09-02

天高く

















数日前の予報では雨が降るとなっていたが、台風の影響が弱まったため雨はなくなり『これでもかっ!』っていうくらいの晴天となった。気温も32℃ほどで日差しも強かったが以前のような湿気は無くカラリとしていて、全身ずぶ濡れになるような汗をかくこともなくずいぶん楽になった印象だ。これは強烈な日差しを避けるために遮光率50%の寒冷紗を張り、その下で作業しているということも大きい。
朝夕の気温も昼間と10℃ほども差があり、ずいぶん涼しく感じるようになった。
そんな中、ふと空を見上げると数日前よりもなんだか空が高くなった気がする。それもそのはず、今まで低く垂れ込めていた雲が無くなり、ようやく秋の空がやってきたからだ。
日が暮れると虫たちも『リーリーリーリー、スイッチョンスイッチョン』と、よく鳴くようになっている。
暑さの峠は越えたようだね。

2017-09-01

防災の日

















9月1日は防災の日。
幼稚園ではやらなかったようだが、小学校と中学校では避難訓練が行われたそうだ。ただそのやり方に問題があって、小学校では校内放送で『もうすぐ避難訓練を行います』と流した後に『ジリリリリ〜』と非常ベルが鳴って避難行動を始めるというやり方だったらしい。自分が子供の時もそうだったが、避難訓練の時間を生徒にまで公表していてはいざという時の訓練にならないのではないか?と、いつも疑問に思っていたのを覚えている。
中学校も同じようなもので、担任が『もう少ししたら非常ベルが鳴るかも』と言った直後にベルが鳴ったようだ。
小学校も中学校もそんなんじゃ全くダメだよね。いざという時が心配だ。抜き打ちでやってこその訓練で、お遊び程度でやるならただのイベントで終わってしまう。やはりこのあたりが危機感の無さだと思う。近年災害にあったところではもっとしっかりした訓練を行っていたのとは対照的だ。
避難訓練すなわち、命を守るための訓練なのだと理解させる必要がある。

2017-08-31

腹立たしいこと

















PCが言うことを聞かんことほど腹の立つことはない。
月末のこの時期、仕事の精算をすべく会社支給のPCにて専用サイトにアクセスし、いろいろ申請などをせねばならないが、どういうわけか今日は帰宅後にアクセスしようとしても繋がらず、ああしたりこうしたり手を尽くしたが結局繋がらなかった。これだけで貴重な時間を1時間ほども捨ててしまい、まったくもって腹立たしい。
ただでさえWindows機は使い勝手が悪く触っているだけでムカついてくるので、それに加えて原因不明の不具合ではまるで救いようが無い。こんな使えないPCなんぞ破壊して捨ててしまいたいが、支給品なので我慢するしかない。
しかし時間外で仕事しようって時にネットにも繋がらないんじゃ、このPCの意味は無いな。
これだから極力Win機は触りたくないね。

2017-08-30

思惑

















案の定国連の安全保障理事会緊急会合では北朝鮮のミサイル発射を非難する決議が採択されたが、そんなもの今の北朝鮮にとっては屁でもないだろう。無視して終わりだ。なので日米韓は石油の禁輸を経済制裁として盛り込みたい立場だが、おそらくは中国やロシアの反対で見送られてしまうだろう。
そもそもこれだけ経済制裁してきても、なぜあんなにミサイルを打ち上げることができるのか?と疑問に思うだろう。これすなわち中国やロシアが裏から手を引いていて、北朝鮮に便宜を図っているからに違いない。石油の禁輸に踏み切れば北朝鮮の一般住民に与える影響が大きく、その不満が金正恩体制に向けられ朝鮮半島が不安定化するのを避けたいという思惑があると思う。
とどのつまりは大国の思惑で全てが動いており、それがかたちを変え今も続いているということだ。

2017-08-29

打つ手無し

















北海道上空を通過するかたちで北朝鮮が放った中距離弾道ミサイルについて、各国はそれぞれの反応を示しているが、そのどれもがミサイル発射という挑発行為を非難するものではあるが、結局のところ非難するしか手がない状況に変わりはない。今はそんなことを見透かしている北朝鮮のほぼ独壇場で、やりたい放題といってもいい。おそらくこの次は核実験に踏み切るはずで、実験を強行したとしてもまたぞろ各国は懸念を示すにとどまり、北朝鮮を思いとどまらせることなぞできはしない。
このミサイル発射を受けて日米韓主導の安保理緊急会議が開催されるというが、一体何を話し合うというのだろう。例え更なる強力な経済制裁を提起したところで中国・ロシアが反対するのは明白で、以前にも述べたがもはや安保理は機能していないのだ。

2017-08-28

学校初日

















長女と三女はそれぞれ中学校と幼稚園が始まり長かった夏休みが終了した。
そしてもう少し夏休みが続く次女は妻と一緒に朝からコストコへ。その一方で自分は相変わらず草刈機をぶん回しての草刈り作業。今日も午前中2時間草刈りをし、これでしばらくは草刈りから解放されそうだ。ただし秋雨前線の影響で雨が多くなるとそうはいかないだろうな。
畑の方も徐々にではあるが冬野菜に向けシフトしつつある。すでにブロッコリーは発芽して成長しつつあるし、もうしばらくすれば白菜や大根の種まきをしなくてはいけない。
暑い暑いと言っている日々もやがて寒い寒いと言うようになるだろう。
ほんと早いものだよ。

2017-08-27

龍を見た

















先日、夕闇迫る西の空に龍を見た。
これは吉兆の兆しと見るが、果たして何を意味するものなのか?
ただ、毎日空を見上げていてもこんなことは稀であることからして、何らかの前兆に間違いはないだろう。
龍を見たときは興奮してやたらとシャッターを切ったが、それもやがて日暮れとともに姿を消していった。
いやはや久しぶりにテンションの上がった瞬間だったな。

2017-08-26

花火大会

















今日は地元で行われる花火大会の日。
打ち上げ花火数などは長良川で行われる花火大会と比べ圧倒的に少ないものの、花火の打ち上げ場所が近いこともあってかなりの至近で見ることができる。夏休みのほとんどをアメリカで過ごす娘達にとってはこの花火大会が最後のチャンスだ。
19時過ぎに堤防上に場所を取り、花火の打ち上げを待つ。夜店も出て人出は多いが地方の花火大会という感じで気狂いじみた混雑はなく、とてもいい感じだ。
そして花火の打ち上げが始まった。
至近距離なので見上げる姿勢になるが『ド〜ン!』という炸裂音が胸に響きかなりの迫力だ。毎度おなじみの花火やら新作花火などが次々と打ち上げられ『おお〜!』と思わず声を上げてしまう。やがてフィナーレの連発打ち上げが始まり、最後に大輪の花が夜空に咲いて儚く消えていった。
娘達も花火を堪能できて満足そうだった。これでなんとか日本の夏の面目を保つことができたと思う。

2017-08-25

妻子帰国

















妻子が無事帰国した。
大きな荷物を乗せたカートを押しながら一歩空港の外に出ると、途端にまったりとした熱い空気に包まれ思わず『うわあ〜』と声が出てしまう。妻もあまりの蒸し暑さに『やっぱシアトルに帰る!』なんて言い出すし、まあその気持ちも分からんでもない。特にここ数日は気温・湿度ともに高くかなり厳しい日が続いている。こんな暑さ真っ只なかに肌寒いくらいだったというシアトルから帰ってこれば相当ショックだろう。
帰宅後みなさっさとシャワーを浴び、そしてとろける様に眠りについた・・

家に向かう車内で娘達に『夏休みはどうだった?』と聞くと『めっちゃ楽しかった』とのこと。いい思い出を作ることができた様で良かったと思う。

2017-08-24

地蔵盆

















夕方、薄暗がりの中Jackieの散歩をしていると、公民館の方から賑やかな声が聞こえてきた。
『そうか、今日は地蔵盆か・・』
すっかり忘れていたが、地蔵盆は子供会で大ビンゴ大会をやるので公民館に入れないくらいの子供達が集まり大盛況なのだ。なにせ子供会のメンバーが90人近くもいて、普段のイベントではその半数くらいしか参加しないのに、このビンゴ大会だけは参加率が高いので同行する親さん達も含めるとかなりの人出になるのだ。そんな大勢が番号が発表されるたびに『おお〜!』なんて歓声をあげるから、その盛り上がり振りを容易に想像できるだろう。
娘達はまだシアトルなので今回は参加できず残念だったが、それに勝る思い出を作ってきたことだろう。その娘達と妻は明日帰国する。
家がまた賑やかになるぞ。

2017-08-23

もうたまらない!

















なんという蒸し暑さか!
午前中、全く風が無くまるで蒸し風呂の様だ。仕事開始30分で全身汗でずぶ濡れとなり、額からもポタポタととめどなく汗が流れ落ち体力が奪われてゆく。
半日で持参した飲料を飲み干したが、どんだけ飲んでも足りないくらいだ。
『このままではヤバいな』と、午後の作業を心配したが、午後からは一転比較的強い風が吹いてみんなホッとした。そよそよと風が吹くだけでも随分涼しく感じるくらいだから、ある程度の風が吹けば作業効率も全然違う。
明日も相当の暑さになるようだから警戒はしているが、とにかく風が吹く様祈りたいね。
もう蒸し風呂はこりごりだよ。